1. TOP
  2. 美容
  3. 100均と高いビューラーの違いは?選び方&おすすめランキング5選

100均と高いビューラーの違いは?選び方&おすすめランキング5選

 2017/08/14 美容
この記事は約 12 分で読めます。

ビューラーを毎日使う女性は多いと思います。皆さんはどのくらいの価格のビューラーを使っていますか?

最近では100円でも優秀なビューラーが買えるようになってきました。

100均のビューラーと高いものとの違いや、プチプラでもオススメのビューラーをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

100均と高いビューラーとでは何か違いはあるの?

ビューラーを持つ女性

かつてビューラーはそれなりの値段がしたものですが、今では100均でもビューラーが買えるようになりました。

でも、100均のビューラーなんて使えるの?と思うでしょう。すぐに壊れてしまうのでは…と不安だと思います。

ただ、ビューラーにはいくつか形や素材に違いはありますが、値段と機能は関係がありません

100均ならプラスチック、高いものが金属、というわけではないので、見た目だけなら値段の区別はつかないでしょう。

大事なのは値段ではなく使い方と選び方

実際、値段を言われず使ったら、値段の違いはわからないと思います。100円でも優秀なビューラーが出てきているので、機能的な違いはない、と思って良いでしょう。

大事なのは使い方と選び方です。選び方は次の章で詳しくご紹介します。

正しい使い方をマスターする

まつ毛を挟む時には根元だけでなく、毛先に向かって3段階くらいに分けてカールをつけていきます。また、力を入れればたくさんカールがつくわけではありません。

まつ毛を挟んだら、肘までしっかりあげるようにして腕ごと動かすようにすると上手にカールできるようになります。このやり方さえ抑えておけば、ビューラーの値段は問題になりません。

ビューラー選びのポイントや注意点は?

虫めがねでタブレットを見る女性

ビューラー選びで大切なのは、素材や持ち手の形ではなく、自分のまぶたの形との相性です。

まぶたのカーブの形は一人一人違います。このカーブの形とビューラーの形が合わないと、うまくまつ毛を挟むことができないので、カールがうまく作れないのです。

無理に押し付けようとするとまぶたを挟んでしまったり、アイラインがよれてしまうこともあります。

せっかくの仕上げにまつ毛をカールさせようとしているのに、アイメイク自体が台無しになってしまいます。

目の幅は合っているか

目の幅があっていないと、まつ毛全体を掴みにくいので、カールがうまく作れません。自分の目の幅と合うものを使うようにしましょう。

正面から見た目のカーブと合っているか

一重や奥二重の人は正面から見たときに、まぶたのラインがやや平行に見えるのが特徴です。それに対して、二重ではっきりした目の人はカーブが丸く見えます。

ビューラーも正面から見てみて、自分の目のカーブと合っているかじっくりチェックしてみてください。

目の奥行きのカーブと合っているか

今度は奥行きです。これは顔の彫りの深さと関係があります。

ビューラーの口コミなどで、カーブが緩い、きついという表現を時折見かけますが、彫りが深かったり、目玉がやや前に出ているタイプだと「カーブがきつい」ということです。

逆に彫りが浅い、日本人的な顔立ちだと「カーブが緩い」ということになります。

ちょっと難しいですが、自分の目を上から見たときのカーブと、ビューラーを上から見たときのカーブも比べて見てください。

口コミで人気のおすすめのプチプラビューラーを紹介

ビューラーを使っている女性

金属製とプラスチック製、バネ付きなどいろいろな形がありますが、以下のポイントを総合的に見て、口コミ評価の高い順に順位をつけました。

  • カールが綺麗にできること
  • 価格と耐久性の観点からコスパが良いこと
  • 使いやすいこと

すべて千円以下の優秀なビューラーです。ビューラーは自分の目の形に会うか合わないかというのが最大のポイントですが、こればかりは使ってみないとわかりません。

1位:資生堂アイラッシュカーラー213

ドラッグストアでも購入できるビューラーでありながら、長年人気No.1を誇っているビューラーです。

価格:800円

良かった点
  • 何年たっても壊れない、非常にコスパが優秀。
  • 持ちやすく、自然なカールができる。
  • 軽い力でもカールできるのでまつ毛が抜けない。
  • ゴムの弾力が他とは違う。
残念な点
  • 私の目の形にはうまくフィットしなかった。
総合評価

口コミ点数は貝印のビューラーより若干下回るものの、口コミ件数は10倍近い差があることから、こちらを1位にしました。

口コミで点数を低くつけていた人のほとんどは、自分の目の形と合わなかった、という理由でした。

こればかりはどうしようもないことだと思うので、形さえフィットすれば、耐久性も素晴らしく、誰でも綺麗にカールが作れるビューラーだと言えます。

2位:貝印PCアイラッシュカーラー

とにかくまつ毛がしっかり上がると評価の高いビューラーです。コンパクトな形も特徴の一つで、持ち運びにも便利です。

価格:500円

良かった点
  • 一重まぶたでなかなか自分の目のカーブにあうビューラーが見つからなかったのですが、やっとしっくりきました。
  • 力を入れなくてもしっかりまつ毛がカールできる!
  • コンパクトで場所を取らないのがいい。
  • 形が持ちやすかった。
  • プラスチックだから冬に使っても冷たくない。
残念な点
  • 確かにカールはするんだけど、カールしすぎる。
  • まぶたまでの距離感がわかりづらく、挟んでしまった。
  • 裏側に汚れが溜まった時に取りにくい。
  • 他のビューラーと形が違うので慣れるまで使いづらい。
総合評価

持ち手に指を入れて使うタイプのビューラーを使い慣れていた方だと、初めて使う時にはカールするのに少しコツがいるかもしれません。

ただ、慣れてしまえばカール力は素晴らしいですし、何よりコンパクトでポーチに入れやすいというのがポイントだと思います。

ただ、金属製と比べると若干耐久性に劣るかもかもしれませんが、プラスチックという性質上それは仕方のないことでしょう。

3位:ダイソーアイラッシュカーラー

超定番の資生堂のビューラーにも匹敵する、と評判の100均のビューラーです。この値段でこれだけ使い心地がいいなら、もはや高いものを買う理由がない、とまで思う人もいるくらいです。

価格:100円

良かった点
  • ゴムの幅が広くてしっかり掴めるので、驚くほどまつ毛が上がる。
  • 持ちやすい。
  • バネが付いているので軽い力でもまつ毛がしっかり上がる。
残念な点
  • 私の目はカーブが緩めなため、うまくフィットしなかった。
  • 挟む時に力が入りすぎるのか、まつ毛が何本か抜けてしまった。
  • ポーチに入れるとかさばる。
総合評価

なんといっても、失敗しても後悔しないという価格が魅力です。

自分に合えば儲けもの。バネがあるのでしっかりカールが作れますし、バネ付きに慣れている人は使いやすいと思います。1度試してみてはいかがでしょうか。

4位:マコトアイリッシュカーラー

100均ショップセリアで販売しているビューラーです。替ゴムが2個もついて100円。

丸い目用と切れ長用と2種類揃っているのが秀逸。大人気の資生堂のビューラーでも合わなかった人は、ぜひ試してみてほしいです。

価格:100円

良かった点
  • ようやく自分の目の形に合うものを見つけた。
  • ゴムの耐久性が素晴らしい。
  • 100円なのに変えゴムまで付いているのが嬉しい。
  • 数回でしっかりカールできて持ちもいい。
  • ゴムが白いので汚れ、替え時がわかりやすい。
残念な点
  • ポーチに入れるとかさばる。
  • 指を通すところが持ちづらく感じた。
  • 残念ながらどちらの形も目に合わなかった。
総合評価

まつ毛もしっかり上がるし、ハネや折れもなくしっかりカールできるという口コミが多かったです。

100円でここまでできれば全く問題ないという評価が多かったので、あとは自分の目の形に合うかどうかだけでしょう。1度使ってみて損はないと思います。

5位:無印良品携帯用アイラッシュカーラー

携帯用と言いながら、その使いやすさからメインとして使っている人も多いビューラーです。家でも外出先でも使いやすく、コスパも優秀だと評判です。

価格:400円

良かった点
  • 肌が弱くて金属が使えなかったけどこれは大丈夫だった。
  • コンパクトで持ち歩きがしやすい。
  • 力を入れなくても綺麗にカールが決まる。
  • 下向きで綺麗に上がらなかったまつ毛がしっかり上がる。
残念な点
  • カーブがゆるくて私の目には合わなかった。
  • 慣れるまで操作が難しい。
  • 強く挟まないとカールができないので、まつ毛を痛めそう。
総合評価

2位の貝印のビューラーと同じく、指を輪っかに入れて挟むタイプのビューラーではないので、使い慣れていないとうまくカールができないという口コミが多かったですが、慣れれば問題ないと思います。

替ゴム2本付きでこの値段なので、コスパは優秀でしょう。プラスチック製でも挟む力は強いようですので、あまり根元を強く押さえない方が綺麗にカールできるでしょう。

まとめ

100円のビューラーでもこんなに進化していたとは知りませんでした。

プチプラでも優秀なビューラーがたくさんありました。値段のの差は機能の差ではないので、自分にあったものが見つかれば、100円でも大活躍間違いなしです。

関連記事ビューラーとホットビューラーで負担が大きいのは?違いやリスクは?

関連記事ビューラーで何回やってもまつげが上がらない!上げる為の方法まとめ

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

ミセスライフ|40代、50代を輝いて過ごす大人LADYメディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセスライフ|40代、50代を輝いて過ごす大人LADYメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

奈南有花

奈南有花

元国家公務員、今はアロマライフコンサルタント&WEBライター。オリジナルアロマブレンドを作るサービスを提供する傍ら、健康や美容、食材についての記事を執筆中です。ひとりひとりが好きなことをして自由に生きていける世の中を作りたい。そんな思いで、女性の生き方を心のあり方から考えるサポートをしています。