イオンの冷凍肉がスゴい!痒い所に手が届く気の利いたサービスに感心!

イオンの冷凍肉 生活・趣味

久しぶりにイオンで買い物をしていたのですが、お肉売り場の冷凍コーナーを見た時に、お客のことを考えて出されているあるサービスに、イオンってすごいなとちょっと感心しました。

そのあるサービスとは、冷凍肉を使う人のことを考えた、以下の2つのサービスです。

イオンと業務用スーパー冷凍肉

スポンサーリンク

袋にチャックが付いている

業務用スーパーでよく冷凍肉を買うのですが、チャックが付いていないので、開いた部分を輪ゴムで縛ったり、クリップを使っていました。

業務用スーパーの冷凍肉の袋をクリップで閉めている様子

それが、イオンの冷凍肉の場合、チャックが付いていますので、クリップなどを使わなくても、簡単に口を閉めることができます。

イオンの冷凍肉の袋をチャックで閉めている様子

お肉が取りやすくなっている

業務用スーパーの冷凍肉の場合、特にバラ肉は、くっついていることが多いです。

業務用スーパーの肉を取り出している様子

使う時は冷凍の硬い状態のまま、必要な分だけを包丁で力任せにザック、ザックと切っていました。

それが、イオンの冷凍肉の場合、お肉が1枚、1枚丸められていますので、簡単に取り出すことができます。

イオンの冷凍肉の袋を開けている様子

チャックだけなら、そこまで思わなかったかもしれませんが、事前にお肉を丸くした状態で袋に詰め込まれている、客思いのサービスにはちょっと感心させられました。

イオンの冷凍肉を取り出してい様子

イオンと業務用スーパーの冷凍肉比較

厳密には、イオンの冷凍肉というよりは、加工者欄に株式会社幸栄物産と書かれているので、この会社が行っているのだと思います。

どちらにしても、このような痒い所に手が届く様な気の利いたサービスを提供しているイオンは、今後も業績を伸ばしていくのかなと思いました。

まとめ

今回は、私が業務用スーパーを頻繁に利用していることもあって、自宅に保存していた豚バラスライスで比較しました。

ただ、豚ばら切り落としと、豚バラスライスは、ちょっと種類が異なっていることから、比較対象として違っていたかもしれません。

業務用スーパーではそういったサービス以上に、価格面を求めて買いに行っているわけなので、もちろん今後も使い続けていきます。

以下は、イオンと業務用スーパーの豚ばら切り落としの参考価格です。(今回紹介している豚バラスライスではありません)

イオン業務用スーパー
品名豚ばら切り落し豚ばら切り落し
原産国名国産国産
原材料名豚バラ肉豚バラ肉
内容量700g500g
価格1,166円(約1.6657円/g)507.6円(1.0152円/g)