1. TOP
  2. 美容
  3. 【2017年】アリーとアネッサの日焼け止め比較!焼けないのはどっち?

【2017年】アリーとアネッサの日焼け止め比較!焼けないのはどっち?

 2017/04/29 美容
この記事は約 10 分で読めます。
アリーとアネッサの日焼け止め

数値の高くない、肌にやさしい日焼け止めを使いたい人が増えている一方で、絶対に日焼けしたくない!という人には根強い人気のあるアリーとアネッサ。

ドラッグストアで買える日焼け止めの中では決して安くはなく、普通の日焼け止めの2~3倍の値段がします。

それでもウォータープルーフタイプで、かつ肌をキレイに保ちたいと思う女性には絶大な人気を誇ります。

今回は、この2つの日焼け止めの違いやどちらがおすすめなのかという点についてお話しします。

スポンサーリンク

アリーとアネッサの日焼け止めの違いは?

どちらもSPF50+、PA++++と、日焼け止めの中では最高の数値です。それでは他にどのような違いがあるのか、配合されている成分の違いなどを見ていきましょう。

アリー エクストラUVジェル ミネラルモイスト ネオ

アリーの日焼け止め

カネボウから発売されている日焼け止めです。使用感が軽く、べたつかないのにしっかり紫外線をカットできると人気の日焼け止めです。

さらっとしたジェルタイプ

ジェルタイプなのでみずみずしい感触でありながらさらっとしていて、白浮きしにくいというメリットがあります。

やや重めのテクスチャーですが、それは塗りムラを防ぐため。ジェルタイプは伸びが良い分、適量をきちんと塗りにくいというデメリットがあります。やや粘り気を出すことで「伸ばし過ぎ」を防ぎます。

ヒアルロン酸などの潤い成分を配合

アリーの成分

アリーに配合されている美肌成分は、下記の成分です。

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • ロイヤルゼリーエキス
  • ハトムギ種子エキス

紫外線カット効果の高い日焼け止めにありがちな乾燥から肌を守ります。

肌への密着度が高い

「スキンフィット技術」を採用し、肌のキメにも毛穴の凸凹にもしっかりフィットするので、崩れにくいというメリットがあります。

洗顔料・ボディソープで落とせる

高い密着度が自慢のアリーですが、クレンジングではなく洗顔料やボディソープで落とすことが出来ます。

アネッサ・パーフェクトUV アクアブースター

アネッサの日焼け止め

資生堂が販売している、いわゆる「金のアネッサ」です。汗や水に強いので、海やプールには欠かせません。

乳液タイプでもサラサラの使用感

昔ながらの2層式で、振ってから使います。乳液タイプというとしっとりしてしまいそうな気がしますが、アネッサはサラサラした使用感で、海で使っても砂がまとわりついてしまうようなことがありません。

バラ果実エキスなどの美肌成分を配合

アネッサの成分

アネッサに含まれている美肌成分は、下記の成分です。

  • ヒアルロン酸
  • バラ果実エキス
  • グリセリン

バラ果実エキスには肌の炎症などを抑える働きもあるので、日焼け止めの成分とともに肌を守ってくれます。無着色というのも肌には嬉しいところです。

ウォータープルーフ効果が高い

汗や水に触れると紫外線をブロックする膜が強くなるという「アクアブースター技術」を採用しているので、とにかく水に強いというのが最大のメリットです。80分間の水浴テストで耐水性を確認済みとのことです。

防御力が落ちない

独自の「光スタミナ技術」によって、強い紫外線を浴び続けても製品の安定性を保ち、しっかりと肌を守ります。

石けんで落とせる

日焼け止め効果は高くなっているものの、石けんで落とせるというメリットがあります。ゴシゴシこすらなくても落とすことが出来るので、肌への負担を減らせるでしょう。

アリーとアネッサの日焼け止めってどっちがいいの?

2つの日焼け止めの成分の違いなどは分かりましたが、結局どちらを使えばいいのか?という点については、使うシチュエーションによっても違ってきます。

アリーがおすすめの人

アリーの日焼け止め

それなりに日焼け止めとしての効果も高く、かつ、肌への優しさも欲しいという人はアリーを使い続けている人が多いようです。

肌に優しい方がいい人

ウォータープルーフ機能はアネッサの方が高いと思われますが、肌が荒れた、カサカサするという口コミも。

美肌成分や肌への優しさという点を重視するならばアリーの方がいいかもしれません。

塗りやすい方がいい人

やや伸びが悪い分、肌への密着度が高くて、多少汗ばんでいても塗りやすいのがアリー。

液ダレしにくく塗りやすい方がいい、という方はアリーがいいでしょう。

落としやすさを求める人

どちらも「石けん・ボディソープで落とせる」と言っていますが、塗る量にもよりますが、やはりかなりしっかり洗わないと落ちないという意見が多いです。

しかもアネッサはウォータープルーフ効果が高い分、何度も塗った場合には落ちにくいと感じている人が多いので、肌に負担をかけずに少しでも落としやすい方がいい、と思うならアリーがいいでしょう。

ただし、いずれにしてもメイクをしていればクレンジングが必要ですし、日焼け止めの成分が肌に残ってしまうと肌荒れの原因になりますから、しっかり落とすように心がけてください。

→ 日焼け止めで肌荒れが起こる原因は?肌荒れしない為の6つの対策案

匂いが気になる人

これは個人差、好みがあるのですが、インターネット上の口コミなどを見ると、アネッサは若干臭い(日焼け止め特有の匂い)が気になるという声が多いです。

それに対してアリーはほとんど匂いがしないという点で、肌につけるものの匂いを気にする人はアリーの方がいいでしょう。

実際に使ってみた感想

アリーの日焼け止めを使ってみた感想

塗ってみた感想としては、肌がしっとりとして、保湿されているという感じが強いです。

言い換えれば、サラサラ感がなくて、重たく感じるので、夏に使うなら顔よりも体に塗る方がいいのかなと思いました。

使ってみたの効果については、わかり次第追加していきたいと思います。

(あくまで個人的な感想です。)

アネッサがおすすめの人

アネッサの日焼け止め

「焼けない」という点については、全体的にはアネッサの人気の方が高いようです。夏のレジャーがお好きな方にはアネッサがおすすめです。

海やプール、レジャーが好きな人

配合されている紫外線吸収剤の数や、ウォータープルーフ効果を考えると汗や水に強いアネッサの方が良いでしょう。

アネッサのパッケージ

ウォータープルーフについてアネッサは耐水性を確認済みとありますが、アリーはどこまでの効果があるのか分かりにくい部分があります。(公式サイトで水しぶきを浴びたときのウォータープルーの性能を示した動画はありますが、どのくらいの時間持つのかということが不明)

使用感の良さを求める人

乳液タイプの方がジェルよりも塗りやすく、特に顔はべたつかない方がメイクも崩れにくいです。

アネッサの方がさらっとしていて伸ばしやすいので、使いやすさや使用感の良さを重視する人はアネッサがいいと思います。

実際に使ってみた感想

アネッサの日焼け止めを使ってみた感想

塗ってみた感想としては、肌がサラサラとして軽い感じです。顔に塗ってもベタつきが気になることもありませんでした。

匂いが気になる方もいらっしゃるようですが、個人的には気にならず癒されるような香りでよかったと思います。

使ってみたの効果については、わかり次第追加していきたいと思います。

(あくまで個人的な感想です。)

ただしこまめに塗り直さなければどちらも焼ける
どちらも日常生活で使うレベルの日焼け止めと比較すれば、格段に効果が高いのは確かですが、それでも「全く焼けない」わけではありません。

例えば海に行けば濡れるだけでなく、波に洗われたり、砂がついたりそれを拭いて落としたりします。

実際は製品のテスト環境よりも過酷な状況で使うわけですから、いくらウォータープルーフでも落ちてしまうことが考えられます。

汗や水で濡れたら塗り直すくらいのこまめなケアが必要です。また、絶対に焼きたくないと思うなら日焼け止めだけではだめで、ラッシュガードを着るなどの工夫が必要でしょう。

まとめ

結論としては、日焼け止め効果の高さからいうとアネッサ、肌への優しさや匂いなどプラスアルファの要素も重視するならアリー、ということになると思います。

ただ、テクスチャーや使用感は好みによるところも大きいですし、肌質によってはアリーでも合わないと感じることがあるかもしれません。

もしサンプルをもらえるなら、両方塗って試してみるのが一番いいでしょう。

最近では、日焼け止め+飲む日焼け止めで対策されている方も増えています。

→ 飲む日焼け止めって本当に効果あるの?副作用の心配は?選び方を紹介

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

ミセスライフ|40代、50代を輝いて過ごす大人LADYメディアの注目記事を受け取ろう

アリーとアネッサの日焼け止め

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセスライフ|40代、50代を輝いて過ごす大人LADYメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

奈南有花

奈南有花

元国家公務員、今はアロマライフコンサルタント&WEBライター。オリジナルアロマブレンドを作るサービスを提供する傍ら、健康や美容、食材についての記事を執筆中です。ひとりひとりが好きなことをして自由に生きていける世の中を作りたい。そんな思いで、女性の生き方を心のあり方から考えるサポートをしています。