1. TOP
  2. ハトムギ化粧水に美白効果はある?種類による違いは?使い方を紹介

ハトムギ化粧水に美白効果はある?種類による違いは?使い方を紹介

 2017/05/24 美容
この記事は約 13 分で読めます。
ハトムギ化粧水

プチプラ化粧水の代表各、ハトムギ化粧水。顔だけでなく全身に使えるのでコスパも最高です。

ハトムギは肌に良いことで昔から知られていますが、使った人の中には美白効果も感じている人も少なくないようです。

ハトムギ化粧水は美白効果が本当にあるのか、どのような使い方が効果的なのか、ハトムギ化粧水をもっと使いこなす方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

ハトムギ化粧水に美白効果はあるの?

ハトムギ化粧水

ハトムギ化粧水はニキビや肌荒れにいいといわれますが、美白効果が期待できる成分は入っているのでしょうか。

ハトムギ化粧水で美白は出来ない

ハトムギ化粧水で肌が白くなった!という口コミなども見かけますが、残念ながらハトムギ化粧水にメラニン色素の生成を抑えたり、色素沈着を防ぐような働きのある成分は配合されていません

美白成分といえば、ビタミンC、アルブチン、プラセンタ、エラグ酸、コウジ酸など「美白」ができると謳っているもの。これらの成分が入っていないと、メラニンの生成を抑えるなどの美白効果は期待できないのです。

それでも美白効果があるといわれる理由は次のようなものが考えられます。

肌を潤すことはできる

ハトムギ化粧水はお手頃価格だから、たっぷり使うことが出来ます。それによって角質層が潤い、キメが整ってくることによって肌に透明感が出てくる=白くなったように見える、ということはあるかもしれません。

新陳代謝がよくなる

毎日たっぷりの水分で保湿していれば、乾燥を防いで肌の新陳代謝を良くする効果は期待できます。

新陳代謝が良くなるということは、古い角質層が剥がれやすくなり、長い目で見て肌のくすみを改善したりシミを薄くする効果があると考えられます。この効果によって肌が白くなったと感じるのではないでしょうか。

ハトムギ化粧水に期待できる効果は?

肌を触る女性

ハトムギ化粧水には直接的な美白効果は期待できませんが、水分をたっぷり補給して肌を健やかに整える働きがあります。

肌の炎症を抑える

グリチルリチン酸2Kが配合されているハトムギ化粧水であれば、ニキビなど肌の炎症を抑える効果が期待できます。

皮脂が過剰に分泌され、それが古い角質と混ざり合うことで角質を作ります。角質だけならまだいいのですが、そこにアクネ菌が繁殖すると炎症を起こしてニキビになってしまいます。

ハトムギ化粧水は抗炎症作用でニキビ肌を健やかに整え、肌荒れを予防します。

イボや吹き出物にも

ハトムギエキスは別名ヨクイニンエキスとも呼ばれ、化粧水によっては「ヨクイニンエキス」と表示されているものもあります。

ヨクイニンは漢方薬でも使われていて、コイクセノリドという成分に抗腫瘍作用があります。角質細胞の代謝を活発にすることで、イボなどのできものを改善する効果が期待できるのです。

もちろん化粧水は薬ではありませんから劇的な効果は得られませんが、使い続けることで肌荒れを予防しながら、穏やかに肌の状態を良くしていく効果は期待できるでしょう。

ターンオーバーを促進

ハトムギに含まれるビタミンB群やアミノ酸は、代謝を良くするとともに余分な老廃物を排出する働きがあるので、肌のターンオーバーを促進する効果が期待できます。

年齢を重ねるに連れてターンオーバーが乱れ、古い角質層が残ったままになることから、肌のくすみやゴワツキ感の原因になります。肌の新陳代謝を促進することで、くすみだけでなく、シミやニキビ跡の改善にも役立つでしょう。

軽いピーリング効果

ハトムギ化粧水にはクエン酸が入っているので、軽いピーリング効果が期待できます。これもビタミンBと同様に古い角質層を落としてくれるので、ゴワゴワした肌もなめらかに。

肌の表面がなめらかになれば、美容液などの浸透も良くなり、スキンケア効果がアップします。

収れん効果

クエン酸やエタノールの働きによって毛穴を引き締めて過剰な皮脂の分泌も抑えます。たっぷり水分を補給しながらも毛穴を引き締めることによって肌のテカリを防止します。

ただし、せっかく補給した水分を閉じ込めるために、ハトムギ化粧水を使った後はすぐに乳液やオイルを塗って蓋をします。それによって毛穴を引き締めた効果も生きてきて、肌の乾燥を防ぐことにもつながります。

肌を柔らかくする

ハトムギ化粧水の一番のメリットはたっぷりの水分補給が出来ること。角質層の水分量が増えれば肌もふっくらしてきますし、肌の乾燥を改善して柔らかい肌に。

肌の水分量が十分になることで過剰な皮脂分泌も抑えてくれますから、ニキビなどのトラブル予防にも役立ちます。

肌のほてりを鎮める

ハトムギの抗炎症作用は日焼け後の肌の炎症を鎮める働きもあります。たっぷりのハトムギ化粧水を肌がひんやりするまで何度も重ね塗りしてみてください。

ハトムギ化粧水は顔だけでなく全身に使えるので、ボディローション代わりに手足の日焼けケアにもオススメです。

ハトムギ化粧水の種類によって違いはあるの?

ハトムギ化粧水といっても色々なメーカーから販売されています。保湿をメインにしたもの、肌荒れ予防をメインにしたものなど、それぞれの特徴についてご説明しますので、自分の肌にあったものを見つけてください。

ナチュリエハトムギ化粧水

ナチュリエハトムギ化粧水
出典:amazon.co.jp

ドラッグストアなどで一番見かけるハトムギ化粧水で、ハトムギ化粧水といえばこれだと思っている方も多いでしょう。

有効成分は、ハトムギエキス、グリチルリチン酸2K。その他にはエタノール、クエン酸、コポリマーなどが配合されていて、あまりたくさんの美容成分は入っていません。それが逆に、肌質を選ばずに使える魅力でもあります。

500mlもの大容量なのに600円前後で買えるのですから、コスパは最高です。

セザンヌスキンコンディショナー

セザンヌスキンコンディショナー
出典:amazon.co.jp

こちらはハトムギ種子エキス以外に、50種類もの植物由来の美容成分が贅沢に配合されています。それでいて500ml、700円前後というコスパの良さも嬉しいところです。

ヒアルロン酸やコラーゲン、アミノ酸も配合されているので、ハトムギ化粧水にもう少し保湿力が欲しかった、という方にオススメです。

肌ラボ 極水ハトムギVC化粧水

肌ラボ 極水ハトムギVC化粧水
出典:amazon.co.jp

レモン果汁やビタミンC誘導体などを配合し、肌荒れが気になる方にオススメの化粧水となっています。6種類のミネラルと2種類のアミノ酸が配合されているので、肌に潤いを与えながら健やかに整えていきます。

400mlで500円前後で売られています。

ウテナ ハトムギエキスのボタニカル化粧水

ウテナ ハトムギエキスのボタニカル化粧水
出典:amazon.co.jp

こちらも500ml、600円前後というプチプラが嬉しい化粧水です。6種のハーブエキスを配合し、きめ細やかな肌に整えてくれます。

無着色、無鉱物油で肌にやさしく、ほんのり香るハーブの香りも優しいハトムギ化粧水です。ハトムギ化粧水は無香料のものが多いですが、少し香りが欲しいという方にオススメです。

プラチナレーベルハトムギエキス配合化粧水

プラチナレーベルハトムギエキス配合化粧水
出典:amazon.co.jp

ヨクイニンエキス(ハトムギエキス)を配合した化粧水の中でも、なんと1000mlという大容量!それでいて700円前後という低価格です。無着色、無香料でさっぱりした使用感です。

グリチルリチン酸2Kは入っていませんが、加水分解ローヤルゼリータンパク、グリセリン配合で、肌をなめらかに整えてくれます。

リシャンボタニカル化粧水

リシャンボタニカル化粧水
出典:amazon.co.jp

こちらも260ml、1296円とお買い得価格。植物性由来成分が90%以上で、ハトムギエキス以外にもへちまエキス、桃の葉エキスなど18種類もの天然成分を配合しています。

肌の乾燥を防ぐだけでなく、日焼け後のケアにも使えます。フローラルの香り。素材にこだわったハトムギ化粧水を使いたい方にオススメです。

はとむぎ本舗 はとむぎ化粧水

はとむぎ本舗 はとむぎ化粧水
出典:amazon.co.jp

250mlで1200円。ハトムギ油がたっぷり配合されているのにさっぱりした使い心地。グリチルリチン酸2Kの働きもあり、肌荒れを防ぎます。

ハトムギ油には特有成分のコイクセノリド以外に、カルシウムや鉄分などのミネラル、ビタミンB群を豊富に含むので、肌を健やかに整えます。ニキビや肌荒れなどが気になる方にオススメです。

薬用雪肌精

薬用雪肌精
出典:amazon.co.jp

「ハトムギ」という名前はついていませんが、ハトムギエキスを配合した薬用化粧水です。グリチルリチン酸2K配合でニキビケアにも適しています。

弱酸性で肌にも優しく、トウキ、メロスリアという和漢植物のエキスを配合しているので保湿力も申し分ありません。

30年以上のロングセラーで、長年使っているファンも多い化粧水ですが、価格はやや高めです。

ハトムギ化粧水の効果的な使い方は?

ハトムギ化粧水を使う女性

ハトムギ化粧水で水分補給をするためには、どのような使い方をすると効果的なのかをまとめました。

惜しげもなくたっぷり使うこと

ハトムギ化粧水は高保湿化粧水のように少量でぐんぐん浸透していくタイプの化粧水ではないのです。

肌を潤すためにはある程度の使用量が必要なのですが、とてもサラサラしているので1回塗ったくらいでは肌が潤った、という感覚とはほど遠いかもしれません。

ある程度の保湿感を得るためには何度か重ね塗りをした方がいいでしょう。

プレ化粧水として使う

ハトムギ化粧水の魅力はなんといってもバシャバシャと惜しげもなく使えるという点でしょう。その魅力を最大限に発揮してもらうには、これをメインの保湿化粧水として使うのではなく、ブースターとして使う方法がオススメです。

お風呂上がりや洗顔後にたっぷりのハトムギ化粧水で肌を潤し柔らかくすることで、その後に使う化粧水の浸透がよくなります。

コットンパックに

コットンパック

たっぷり使える化粧水だからこそ、保湿効果を高めるコットンパックがオススメです。少し大きめのはがせるタイプのコットン(縁が覆われていないもの)を使います。

  1. 水でコットンを濡らして軽く絞ります。
  2. ハトムギ化粧水をたっぷり含ませます。
  3. 5枚にはがして、おでこ、両頬、鼻、あごの5カ所に乗せます
  4. 5~10分程度おいてからはがして、通常のスキンケアを行います。

ポイントは、コットンが乾ききるまでおかないこと。乾くまで貼っておくと水分が蒸発してしまい、逆に肌が乾燥してしまいます。

また、コットンパックをした時にラップで覆っておくと保湿効果が高まります

レンジでチンする

いつもの化粧水が温めるだけで浸透力が増す、ということをご存知でしょうか。しっかり手で温めて人肌の温度にするだけでも十分効果はあるのですが、ハトムギ化粧水はサラサラしていて扱いにくい、というのがデメリット。

それを克服するには電子レンジで少し温めるという方法がオススメです。

お皿にいつも使う量よりもやや多めの化粧水を入れて、電子レンジで7秒温めます。それをコットンにとって肌に塗りましょう。もしくはお風呂に入る時に、使う分だけ小ビンに移し、それを湯船に入れておいてもいいでしょう。

ニベアをプラスする

ハトムギ化粧水とニベア青缶

乾燥肌の方は、ハトムギ化粧水だけでは少し保湿力が物足りないと感じるようです。乾燥肌だと夏でもしっかりした保湿が必要なので、それを解決するために、ニベア青缶と混ぜて使う方法があります。

パール粒大のニベアを手の平に乗せて、そこにハトムギ化粧水をプラスします。手の平の上でよく混ぜて、柔らかくしてから肌にになじませます。

混ぜるのが面倒な人は、ハトムギ化粧水の後にニベアを塗るだけでも十分です。

グリセリンをプラスする

ハトムギ化粧水とグリセリン

ハトムギ化粧水自体の保湿効果を高める方法として、グリセリンを少し加えるという方法もあります。グリセリンは空気中の水分を集める性質があり、保湿に役立つ成分です。薬局で購入できます。

ハトムギ化粧水を使う時の注意

注意

ハトムギ化粧水で肌トラブルが起きることはあまりないようですが、念のため以下の点には注意してください。

敏感肌の人はパッチテストを!

ハトムギ化粧水はどちらかというとさっぱりタイプの化粧水で、健康肌~オイリー肌の方にオススメの化粧水です。クエン酸やエタノールなど肌をさっぱりさせる成分が入っているので、敏感肌の方には若干刺激がある可能性もあります。

使う前には目立たないところに塗ってみて、赤みやかゆみなどが出ないかどうかを確認してから使ってください。

イネアレルギーの人は注意

ハトムギはイネ科の植物なので、イネ科の植物に対してアレルギーのある方は必ずパッチテストをするなどしてから使うようにしてください。

まとめ

ハトムギ化粧水はたっぷり使ってこそ効果が出ます。直接美白に役立つ成分は入っていませんが、肌を乾燥から守り、新陳代謝を促進することは肌のキメを整えるだけでなく肌をくすませない効果が期待できます。

年齢を重ねるごとに肌はくすみ、それが透明感を失わせることにつながります。ハトムギ化粧水でしっかり水分補給をし新陳代謝を促進すれば、肌がワントーン明るくなるかもしれませんから、美白効果があるというのもあながち嘘ではないでしょう。

とはいえ、短期間で美白効果が出るものではないので、「肌を健やかに整える」という目的で、継続して使うことをおすすめします。

やはり紫外線からお肌をしっかりと守ることが美白対策として重要。美白を気にされている方の中には、日焼け止めと併用して、飲む日焼け止めも使われている方が増えているそうです。

→ 飲む日焼け止めって本当に効果あるの?副作用の心配は?選び方を紹介

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

ミセスライフ|40代、50代を輝いて過ごす大人LADYメディアの注目記事を受け取ろう

ハトムギ化粧水

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセスライフ|40代、50代を輝いて過ごす大人LADYメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

奈南有花

奈南有花

元国家公務員、今はアロマライフコンサルタント&WEBライター。オリジナルアロマブレンドを作るサービスを提供する傍ら、健康や美容、食材についての記事を執筆中です。ひとりひとりが好きなことをして自由に生きていける世の中を作りたい。そんな思いで、女性の生き方を心のあり方から考えるサポートをしています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ミンティアは口臭に効果ある?おすすめは?食べる際のポイントは?

  • デスクワークで足がむくむ方必見!仕事中にできるむくみ防止案10選

  • プチプラでも優秀!シミ隠しにおすすめファンデーション10選

  • 【飛行機に長時間乗る女性必見】快適に過ごす為の必需品&便利グッズ

関連記事

  • 40代・50代女性の52%が毎日シャンプーしてても「頭皮の臭い」が気になっている!

  • 月見草オイルがお肌に良いってホント?気になる効能&4つの使い方

  • 肌のキメとは?乱れる原因は?整える為に知っておきたい9つの方法

  • 夕方に肌がくすむ原因は?老け顔にならない為の対策&化粧直しのコツ

  • アフリカマンゴノキにダイエット効果はある?副作用の心配は?

  • マツエク中に使えて長持ち!市販で人気のおすすめクレンジング5選